はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

ことわざ

金銭は無慈悲な主人だが、

金銭は無慈悲な主人だが、有益な召使いにもなる byユダヤのことわざ 金は使っても使われるなということです。 お金を主人ではなく召使にする方法は案外簡単です、それはお金を多く持つことです。 多くお金を持てば支配されずに召使いとして使うことが可能に…

 風の向きを変えることが出来ないなら、

風の向きを変えることが出来ないなら、帆の向きを変えなければならない。 by西洋のことわざ // 船に乗って航海を続けていく上では、どう頑張ったって風の向きを変えることは出来ません。 しかし、帆の向きは変えることが出来ます。 これは至極単純なことです…

 仲直りした友人と、

仲直りした友人と、温め直したスープには気をつけよ byスペインのことわざ // 本日のイメージ写真ですが、何となく訳ありな二人に見えましたので、使わせていただきました。 仲直りした友人と普通の友人、温めな直したスープと普通のスープ、この違うは何で…

つまずきは、

つまずきは、転落を防いでくれる。 byイギリスのことわざ 先日紹介したことわざと似たような意味合いですが、何か問題につまずくことで大変だなぁ、疲れるなぁ、嫌だなぁと思うことがあると思います。 しかし、何かにつまずくということは何か問題を発見でき…

転ぶのは恥ではない。

転ぶのは恥ではない。 転んだままでいるのが恥なのだ。 byドイツのことわざ 転んだまま起き上がらずに愚痴を言ったり、後悔したり、タラレバを言ってはいないでしょうか。 本日のことわざのイメージ画像である転んでいる犬が可愛すぎなので、この犬に関して…

苦しみは逃げたりせず、

苦しみは逃げたりせず、同化することで和らぐ。 by西洋のことわざ 何か苦しいことがあったり嫌なことがあれば、逃げたくなる、当然のことですよね。 もちろん逃げても良いと思います。 真正面から向き合って、自分にマイナスの作用があれば、はっきり言って…

三月の風と四月のにわか雨とが

三月の風と四月のにわか雨とが五月の花をもたらす。 by西洋のことわざ 五月の花には、三月の風と四月のにわか雨が必要です。 良い結果を得るには、そこに繋がる苦労や大変なことが付き物です。 勉強をせずにテストで良い点が取れるでしょうか。 練習をせずに…

幸せは去ったあとに

幸せは去ったあとに光を放つ byイギリスのことわざ 本日のイメージ画像は選ぶのに苦慮しました。 幸せなイメージにするか、不幸なイメージにするか悩んだのですが、この名言はそのどちらでもないような気がし、このイメージにしました。 イメージ画像では、…

思いやりは友をつくるが、

思いやりは友をつくるが、真実を言うことは敵をつくる。 byフランスのことわざ 真実を言うとなぜ敵を作ってしまうのでしょうか。 このことわざは端的に言ってしまっていると思いますので、実際には真実を言うだけで敵を作ることにはなりません。 しかし、や…

噛みつく勇気がないなら

噛みつく勇気がないなら

他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。

他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。 ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる。 byユダヤのことわざ 他人を幸せにしたいのであれば、まず自分が幸せであるべき、という話はよく聞きますよね。 いくら人が気を遣って自分に献身的に対応して…

井戸に唾を吐く者は、

井戸に唾を吐く者は、 いつかその水を飲まなければならない。 byユダヤのことわざ 最近、ことわざを紹介する機会が多いのですが、ことわざを聞いたり見たりした途端、あぁいいな!と思い、ブログの下書きに残しておいたりするのが常なんですが、いざブログ記…

濡れているものは

濡れている者は雨を恐れない。 裸の者は盗賊を恐れない。 byロシアのことわざ 既に濡れている者は、どんなに雨に濡れても同じなので、雨に濡れることを恐れずに、どんどん歩いていきます。 反対にまだ濡れていない者は濡れないように傘を差しながら、ゆっく…

年をとってから暖まりたいものは、

年をとってから暖まりたいものは、若いうちに暖炉を作っておかなければならない。 byドイツのことわざ 若いうちに暖炉を作っていないのに、年をとって急に暖炉が出来て暖まることが出来るわけはないですよね。 当たらないと言われている宝くじですら、そもそ…

「神様お願いします」より

「神様お願いします」より「神様のおかげです」がいい byロシアのことわざ 以前のブログでも同様の意味の言葉をアップしたことがあります。 やっぱり私はこの言葉が好きです。 神社やお寺へ行くのが好きなので、海外に住みながらも日本に一時帰国した際はよ…

みんなからの忠告に基づいて家を建てると、

みんなからの忠告に基づいて家を建てると、 出来た家はいびつになる。 byデンマークのことわざ 昨日に引き続いて、ことわざの紹介です。 本日のことわざを聞いて皆さんどう思うでしょうか。 忠告は大切ですし、一人で物事を決めるよりはよっぽど良いかと思い…

チェスが終われば、

チェスが終われば、 王様も歩兵も同じ箱に帰る。 byイタリアのことわざ // このことわざは短いですが、深い意味がありそうですよね。 チェスの駒は将棋の駒と同じようにそれぞれ動きと特徴が異なります。 チェスにはキング、クイーン、ルーク、ビショップ、…

むしろ鶏口と為るも

Helmut StirnweisによるPixabayからの画像 むしろ鶏口と為るも 牛後となるなかれ byことわざ // 鶏口牛後と四字熟語でも有名な言葉ですよね。 意味を分かっている方も多いと思いますが、直訳すれば鶏のくちばしになっても、牛の尻にはなるな、ですね。 鶏の…

目くそ、

目くそ、 鼻くそを笑う by日本のことわざ // 似たような言葉で、「五十歩百歩」、「どんぐりの背比べ」、「同じ穴のむじな」などがあり、どちらかというとこの3つの方が有名かもしれません。 意味は、人をあざける当人がそれと同じ状態である様子、ですとか…

馬を水辺に連れていくことはできても、

馬を水辺に連れていくことはできても、 馬に水を飲ませることはできない byイギリスのことわざ モンゴルで馬に乗って旅をしていたとき、水辺を見つけてそろそろ水が飲みたい頃だろうなと思って水辺に誘導しても、飲まないことが度々ありました。 しばらくは…

山が高いからといって、

山が高いからといって、 戻ってはならない。 行けば超えられる。 仕事が多いからといって、 ひるんではいけない。 行えば必ず終わるのだ。 byモンゴルのことわざ モンゴルのことわざ紹介ですので、自分で撮った写真をブログへ載せました。 現在、モンゴルの…

ロバが旅に出たところで

ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない by西洋のことわざ この言葉は昔から好きで、就職活動の面接でも、好きな言葉は何ですか?と聞かれた際に、これを言ったがあります。 解釈はいろいろあるかと思いますが、大雑把に言うと、旅に出たぐ…

もらった馬の

もらった馬の歯を見てはいけない By 西洋のことわざ どういう意味かわかりますか? 私は馬に乗ることが好きですが、特段、馬の体に詳しいわけではありませんし、この言葉の意味は馬に詳しいからと言ってすぐにわかるようなものでもないかもしれません。 馬に…