はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

「会社に縛られないお金」を蓄えることよりも意味のある買い物や所有したいものはありません。(書評:父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え)

f:id:BINGO616:20201106155715j:plain

「会社に縛られないお金」を蓄えることよりも

意味のある買い物や所有したいものはありません。

byジェイエル・コリンズ(個人投資家)

 

 

 

久しぶりの書評です。

ジェイエル・コリンズ氏の書籍、「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」を読みました。

この書籍は、投資の本ですが、投資手法は至ってシンプル。

どこの何という投資信託を買うことが、経済的自立への近道だと教えてくれます。

投資の本ではありますが、目新しい投資手法は書いてありません。

この本が一番伝えたいメッセージは「会社に縛られないお金」を得ることの大切さです。

会社に縛られないお金を得るのに最も適した方法が投資、だから投資をすべきですよと、そう言い換えても良いでしょう。

この書籍が良かったのは、投資を勧める理由が、今までの歴史から見て、現代で経済的自立をする為に投資は最善の策であるとし、あくまで未来のことはわからない、保障されたものはどこにも無いとはっきり断言されてる点です。

その上で今までの歴史と現状から、なぜここの何という投資信託を買うことが最善の選択であるのかが書かれています。

とはいえこの「会社に縛られないお金」、なぜこれが大切なのか。

会社に縛られないお金とは、会社をいつ辞めても困らないほどのお金のことです。

それがあれば、会社から自分の意にそぐわない事を言われても、自分の意思で「ノー」と言えます。

このとき、お金を持っていなければ会社の言いなり、何を言われても「イエス」としか言えなくなってしまいます。

仕事を楽しくするためには、いつでも会社を辞められる状態にしておくこと、矛盾しているようですが、本当にこれは大切なことだと思います。

そして、その自由を手に入れるための近道が投資なのですが、投資はあくまで手段で、一番大切なのはそもそもの生活スタイルです。

著者は冒頭で経済的自立を得る近道として、こう言っています。

 支出は稼ぎより少なくする。余りは投資する。そして、借金をしない。

出典:父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

まさしくその通りだと思います。

投資には何度も触れているので省略しますが、支出を稼ぎより少なくする、そして、借金をしない、これは鉄則ですね。

そして、このような例え話もしています。

仲のよい少年が2人いました。彼らは別々の道を進みました。

1人は質素な僧侶に、もう1人はお金も力もある王様側近の大臣になりました。

何年もあと、2人 が出会いました。

でっぷり太った大臣は、やせてみすぼらしい僧侶を見てかわいそうになりました。

助けようと思い、大臣は声をかけました。

「王様の役に立つ方 法を学べば、米と豆しか食べられない生活をしなくて済むよ」

僧侶が応えました。

「米と豆で生きる方法を学べば、王様のためにあくせくしなくて済むよ」

出典:父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

そして、個人的にはこの本の中で印象に残ったのが、ブログの題名にもしたこの言葉です。

「会社に縛られないお金」を蓄えることよりも意味のある買い物や所有したいものはありません。

出典:父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え

私は以前から会社に縛られないお金を得る大切さを実感していましたので、家計簿や資産管理表を作り、貯蓄に勤しんでいます。

しかし、よく聞くのはお金は使ってなんぼ、使わないと意味が無いという言葉。

貯蓄に勤しむものとして、「何でそんなに貯めているの?」と聞かれた際の答えとして「何かあったときの為に」というのがお決まりのフレーズなのですが、これを言うと正直、結構惨めな気持ちにはなるんです。

何かあったときって?何かって何?という自分でもよくわからないという。。。

でも、この言葉を聞いてすっきりしました。

お金を貯める、お金を蓄えるというのは、会社に縛られないお金を蓄えているということで、自由でいられるため、すなわちお金を蓄えるのは、自由を買っているのと同じことだと。

何かを買ったり所有したりすることにお金を使うのではなく、お金を蓄えることは自由を買っているのだと、自由でいられる期間を買っているのだと、そう捉えることが出来ますよね。

お勧めの本です、投資に関して、投資手法はシンプルですが、なぜこの方法が良いのか細かいところまで説明してくれています。

楽しみながら読めると思いますので、宜しければ是非。

再度リンクを貼っておきます。

 別の本ですが、こちらもお勧めです、私が貯蓄に目覚めた本でもあります。

 

スポンサーリンク

   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。