はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

今正しいことも、数年後間違っていることもある。 逆に、今間違っていることも、数年後正しいこともある。

f:id:BINGO616:20200721164354j:plain

今正しいことも、数年後間違っていることもある。

逆に、今間違っていることも、数年後正しいこともある。

byライト兄弟

 

ライト兄弟は小学生の頃、図書館の自伝コーナーにもれなく並んでいた記憶があります。

不思議と大人になるにつれて馴染みが無くなりますが、誰しも知っている兄弟だと思います。

世界で初めて飛行に成功した航空機を作った兄弟と言われています(実際にはいろいろと条件が付いての世界初らしいのですが)。

本日の言葉はそんなライト兄弟の名言です。

逆説的でなくとも、昔では考えられなかったことが今の世界では普通になっているということは数多くあります。

今は皆、スマートフォンを持ち歩いていて、会社では誰もがPCと睨めっこ、海外だってどこへでも行ける(今はコロナで無理ですが)、これは昔は考えられなかったことですよね。

今の常識は昔の非常識、昔の常識は今の非常識と言っても過言ではありませんよね。

本日の言葉は、科学的には不可能だと世間から反発を受けたにも関わらず実現に向けて努力を続けたライト兄弟のものです。

ライト兄弟だからこそ、この言葉も説得力ありますよね。

 

 

 

おはようございます。

昨日、GoToトラベルのことで、厳しい状況にあるのは観光業界だけでは無いと書きましたが、今度はGoToイートを始めるみたいですね。

www.nikkei.com

イートはさすがに「Eat」でしょうと思わずにはいられませんが、もう本当に税金使い過ぎじゃないですかね。

給付金10万円、GoToトラベル、GoToイート、今後どのようなGoToが出てくるか分かりませんが、最後はGoTo納税で締めくくるはずです(別に狙って言っているわけではありません)。

何も恩恵を受けられなかった挙句、GoTo納税の頃に、私は日本へ本帰国することになるのですから、受けられなかった恩恵の見返りを国から求められるという、ブラマヨ吉田さん的な「どうかしてるぜっ!」の心情です。

さんざん税金をばらまいた挙句、回収する、これはしょうがない、わかります。

ただ、回収するのは、そのとき日本にいる人たちからなんですよね。

人が作るルールなんて所詮は不完全、だから不平等っていうのは理解していますが、理解しながらも、もやもやしてします。

大多数を優先っていうのもわかりますけどね。

確かに海外に住んでいる我々の日本への納税額は在住者より少ないのですが、一時帰国時の措置にしても、もう少し考えてくれても良いと思っています。

どうせなら、このキャンペーンついでに、HelpForチュウザイインもやって欲しいものです。

そしてこのニュース↓

news.yahoo.co.jp

この10万円の給付金って家電を買う為にバラまいたのか。

これではGoToデンキヤサン。

GoToデンキヤサン、GoToトラベル、GoToイート、果たして日本はどこへ行こうとしているのか。

そしてこの「GoTo」というネーミングは誰が考えたのか。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。