はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

二人の人間が鉄格子の中から外を見ている。一人は泥(泥土)を、もう一人は星を。

 

f:id:BINGO616:20191110213015j:plain

二人の人間が鉄格子の中から外を見ている。

一人は泥(泥土)を、もう一人は星を。

byフレデリック・ラングブリッジ(作家)

 

この言葉は漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第一巻にも書かれているそうです。

同じ状況にいる2人でも、それぞれ見ているもの(考えていること)が違います。

一人は下を向き、目に入るものは泥、もう一人は上を向き、輝く星を眺めています。

この言葉の意味として、どうせ見るなら明るい未来を見よう、という解釈もあるようですが、私はどちらかと言うと、教訓的な意味合いで、どのような状況でも見方によっては、考えていることや思うことは"容易"に変わる、という教訓にもなる言葉だと思います。

少し表現の仕方は異なりますが、私が常々思っていることとして同じものを見ていても、考えていることや思っていることは人それぞれ違う。

だから、どこかに行ったり、何かを見たりということを重要視するのではなく、そこへ行って何を思ったか、それを見て何を思ったか、を大切にした方が良いと思っています。

 

 

 

本日は日曜日です。

10月も終わりに近づいてきましたが、ここはインドネシア、秋の訪れを感じるわけではなく、淡々と雨季に入っていく空模様を見つめるばかりです。

昨日は、ベトナム料理を食べてきました。

f:id:BINGO616:20191019203324j:plainf:id:BINGO616:20191019203247j:plainf:id:BINGO616:20191019203210j:plain

インドネシアでベトナム料理?と思われるかもしれませんが、こういうお店も結構増えてきました。

日本でタイ料理や中華料理食べるのと同じような感覚でしょうか。

ただ、レパートリーを増やすのではなく、そろそろ味に注力するお店が出てきてほしいというのが本音です。

いろんなレストランが出てきているのですが、正直どれも味がいまいちです。

本日のお店も最初の生春巻きを食べたときは、おっ!と思ったのですが、そのあとが何とも言えない感じでした。

まだまだ目新しさで、味は二の次というお店が多いです。 

 

 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。