はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

悲しみが来るときは、単騎ではやってこない。かならず軍団で押し寄せる。

f:id:BINGO616:20200823085200j:plain

悲しみが来るときは、単騎ではやってこない。

かならず軍団で押し寄せる。

byシェイクスピア(劇作家)

 

 

 

海外の名言で表現が面白いと思うものは、翻訳が上手くされていたりというのも理由の一つです。

本日の言葉は、英文ですと、こう書かれることが多いようです。

"When sorrows come, they come not single spies, but in battalions"

注目は"single spies"と"battalions"、シングルスパイとバタリオン。

この文言を単騎と軍団に置き換えているんですね。

訳し方は他に、こんなのもあったりします。

悲しみがやってくるときは、斥候ひとりでは来ず、大挙してやってくる。

悲しみというものは単独ではやってこない、 必ず大挙して押し寄せてくる。

日本語の言葉や名言はほとんど一つしかありませんが、海外の言葉や名言は訳し方が違う場合があって面白いです。

ただ、時に、誰が訳したんだと思うほど、うまい表現もあるのは確かです。

前置きが長くなってしまいましたが、本日の言葉の紹介です。

悲しいことは重なる、という意味ですね。

悲しかったり辛いことは重なることが多いかもしれません、どうしてこんな時に限って?なんであれもこれも?と思うことは確かにあります。

ただ、これはマーフィーの法則に近いことかもしれません。

マーフィーの法則はいろいろと諸説があるのですが、有名な言葉として下記のようなものがあります。

洗車しはじめると雨が降る。雨が降って欲しくて洗車する場合を除いて。

落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する。

このマーフィーの法則は、いろいろと解釈の仕方があるのですが、私は、人生とはそんなものだ、という風に捉えています。

99%成功するけど、失敗するとしたら1%のアレだな、と思っていれば、その1%のアレが実際に起こり、失敗します。

人生そんなものだと思います、むしろ、そういった事例が強烈に印象に残るので、実際の頻度よりも多いと人は思ってしまうのかもしれません。

本日の言葉も、悲しみは軍団で押し寄せる、とありますが、実際は単騎でやってくることもあります。

しかし、悲しい事や辛いことがあると、そういう時に限って重なる気がするんですよね。

大事なのは最悪を想定しておくことだと思います。

本日の言葉で、悲しみは単騎では無く、軍団でやってくるものだと最初から思っていれば、実際にそうなったとき「やっぱりな」と思うことが出来るかもしれません。

心への受け入れ方次第ですが、最悪の場合を想定しておくのは悪いことではないと私は思います。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。