はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

パッとしない人間には二種類ある。言われたことができないタイプと、言われたことしかできないタイプだ。

f:id:BINGO616:20200712211554j:plain

パッとしない人間には二種類ある。

言われたことができないタイプと、

言われたことしかできないタイプだ。

byサイラス・ハーマン・コッチュマー・カーティス(実業家)

 

 

 

19世紀から20世紀にかけてアメリカの出版業界で活躍した実業家、サイラス・ハーマン・コッチュマー・カーティスの言葉です。

手厳しい意見ですね。

しかし、耳を背けたくなるような言葉ですが、これは事実だと思います。

私も仕事をする中でよく思うので、紹介させていただきました。

ただこの言葉も、上司にしても部下にしても受け取る側が考え方を変えることで、それほど手厳しい考えには聞こえなくなります。

私も恥ずかしながら何十人もの部下を預かる身(日本へ本帰国したら途端に下っ端になって部下ゼロになりますが)として思うところはいろいろあります。

ただ言われたことが出来ないタイプというのは、少し厄介です。

なぜなら、本人のやる気次第に依存するところが大きいからです。

指示を出す側としても、どうして出来ないのか、指示に出し方に問題があるのかと考えることしか出来ません。

反対に、言われたことしか出来ないタイプというのは、ほんの少し本人が意識を変え、上司が指示の出し方を変えることで容易に解決できる問題だというのが私の意見です。

まず本人が気を付けることは、上司の指示にはどういう意味があるのか、どういう目的があるのか、そこを考えれば、指示はこれだけだが、プラスαでこれもした方が良いんじゃないかと考えれば、思いの外、簡単にブレークスルー出来ると思います。

気持ち的には、指示に少しのプラスαです。

意味と目的が分かれば、少しのプラスαは考えやすく、仮にそのプラスαが分かりにくければ、その指示を指定された期間もしくは時間内ギリギリではなく、即座にやることが大切です。

明日までにと言われた仕事は今日やる、これでもだいぶ違うものです。

そして上司として、言われたことしか出来ないタイプと接する際、注意しなければならないのは、なぜ自分がこのような指示を出すのか、意味は何か、目的は何か、丁寧に部下へ説明してあげることです。

~の仕事があり、~をしなければならないから、~をやってくれないか?、ここまで説明すれば受け取る側も違うものです。

もちろん、そのような説明をしなくても分かってもらわなければならない、という意見もあるでしょう、しかし、それは将来的な話であって、最初からそこまで部下に求めるのは酷です。

私は上司として仕事を出す立場ですので、これは徹底しているつもりです。

例えば、本社の無理な要求に対して、なぜ本社は今回無理な要求をしてきているのか、これを部下へなるべく説明するように心掛けています。

いかがでしたでしょうか。

一見、手厳しいと思われ、難易度が高いと思われることでも、なぜ?どのように?と考えていけば、案外難しい事では無かったりします。

言葉を解説する上で、上司の立場で、とは書きましたが、まだまだ私も指示を出されることも多いですので、仕事はスピード&プラスαの精神で取り組む、それ以外のことはあまり深く考えなくても、思いの外スムーズにいくというのが私の認識です。

自分が部下の場合は、上司の考えや目的を想像する、そして自分が上司の場合は、部下へ考えや目的を説明する、これが大切だと思います。

良い部下、良い上司になろうとすれば、これは欠かせません。

話がそれますが、スピード&プラスα、そのどっちかを取るとなれば、これは断然スピードです。

「あいつ仕事早くて助かるけど、雑だな」と思われる人もいることはいます、ただ間違っても「あいつ仕事は遅いけど、完璧ですごいな」、こんな人は見たことも聞いたこともないですね、そもそも遅いんだったら完璧で当たり前だという認識が誰しもありますからね。

「仕事が早い人」「仕事は早いが雑な人」「仕事が遅くてダメな人」、基本はこの三択です。

それに、早ければそれだけで案外感謝されるもので、仮に資料や報告に誤字や脱字、計算違いがあったとしても目を瞑ってくれることもあるでしょうが、遅いうえに誤字や脱字、計算違いがあった場合は、、、もう分かりますよね。

仕事が遅いということは、自分の仕事のハードルを自分でどんどん上げているんです。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。