はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

初めてリーダーになった人へ。

f:id:BINGO616:20200708151147j:plain

初めてリーダーになった人へ。

リーダーになる前、成功とは、自分自身を成長させることだった。

あなたが達成したこと。

あなたの業績。

リーダーになると、成功とは「他人を成長させること」になる。

あなたの下で働く人たちをそれまで以上に賢く、大きく、大胆にさせることだ。

個人としてあなたのすべきことは、チームを育てサポートし、彼らの自信をつけさせること。

それ以外は何もない。

リーダーの成功はあなたが毎日何をするかではなく、

あなたのチームが輝かしい業績を上げるかどうかで決まってくる。

byジャック・ウェルチ(実業家・ゼネラル・元エレクトリックCEO)

 

 

 

はっとさせられる言葉とは違うかもしれませんね。

最近仕事でよく思わされる事でしたので、紹介させていただきました。

これと正反対のことを平然としている上司が多いという意味で、なんですが。。。

最近は仕事やビジネスに通ずる言葉や名言の紹介が多いかもしれません。

ま、それほど本職の仕事の方で悩んでいるんだと思っていただければ(笑)。

本日の言葉ですが、まさにリーダーの仕事とはその通りで、どのビジネス書を読んでもリーダーの仕事はチームを育てること、他人を育てること、それに尽きると書いてあります。

どこにも、リーダーは自分よがりで自分の成功のみを考えろなんて書いてありません。

他人を育てろ、チームとして結果を出せ、と書いてあります。

管理職だったら当然だ、という声も聞こえてきそうですが、ではなぜ、個人の結果を優先せずに、チームを育てることに意味があるのか、そこを考えていきます。

個人が頑張る事には限界があります。

例えば、どのような業界でも一日の顧客訪問数には限度があります。

訪問や商談に要する時間は業界によっても多少違うでしょうから、一概には言えませんが、1人で1日に100件の顧客訪問はまず出来ないですよね。

顧客訪問数と成績は直結しないかもしれませんが、例えば一人で月当たり1000万の売り上げがベースの会社に勤めていたとします。

この場合、相場としては出来る営業マンは1500万とし、飛び抜けて出来ても2000万ぐらいとしましょう。

そこで2000万の売上を持つ飛び抜けて出来る営業マンがそのまま昇進し、管理職となり、10人の部下を持ちます、そして10人の部下はそれぞれ1000万の売り上げで現状頭打ちとなっており、部としては月当たり1億円(10人 x 1000万)の売上と仮定します。

そこへ出来る営業マンが管理職として入ったもののチームを育てずに営業に専念していれば、売上は従来の1億円プラスその営業マンの2000万が足され、1億2000万がチームの成績となります。

チームを育てなければ、そこで頭打ちです。

しかし、チームを育てればどうなるでしょうか。

チームに仕事を教え、働きやすい環境をつくり、部下が力を発揮しやすい環境を作ることで、部下が今の2割も売上をアップさせれば、自分が営業せずとも10人 x 1200万で1億2000万となり、更に部下育成と環境作りに尽力し、部下が今までの5割以上成績をアップさせれば、10人で1億5000万となります。

そして部の成績が良ければ、部下も増えていきますので、それこそ売上は部下の人数に比例して無限に大きくなります。

1億2000万で頭打ちの部が1億5000万まで延び、部下が増えて更に数字は伸び、2億、3億でも可能となります。

そう考えた場合、1億2000万で頭打ちのチームで育成に特化すれば、それが青天井に延びていく、だからこそ、管理職というのは非常に大切で、管理職になったからには、チームの結果を優先しろと言うのだと思います。

管理職だからチームを育てるのではなく、チームを育てるには人が必要、だから管理職というポストを作ったと、逆の視点で管理職を考えれば、チームを育てる仕事の重要性が分かると思うのですが、今の日本の会社は、管理職だからという視点のみで仕事を見過ぎな気がします。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。