はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

足のにおい対策に!(アシートの紹介)

f:id:BINGO616:20200208200707j:plain

足のにおいに悩んだことはありませんか?

私はすごく悩みました。

足のにおいというよりも、足の汗ですね。

会社に入った当初は問題無かったのですが、いつ頃からか足の裏にすごく汗をかくようになり、その汗が靴下から染みて革靴にまで染み、足のにおいと革が濡れた匂いが混ざってにおうという状態でした。

足の裏は常時お風呂上がりの様な感じで、その状態で仕事で歩き回るもんですから、においだけでなく、足の裏の皮も破れてしまい、歩いていても気になる有様です。

毎晩、お風呂に入る時にひどい足の裏を見てどうにかできないかと思う毎日でした。

そんな悩みに悩んだ私でしたが、本日紹介する商品に出会ったおかげでこの悩みから解放されました。

同様の悩みを抱えた方もいらっしゃると思いましたし、そこまで気にはならないけども、居酒屋の座敷に上がる時とかはちょっと…という方にもおすすめですので、是非ご一読下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

絶対おすすめの「アシート」

紹介する商品はこちらです↓その名も「アシート」です!

f:id:BINGO616:20200209140221j:plainf:id:BINGO616:20200209140219j:plain

タイプが3タイプありますが、私が使っているのはKタイプです。

他にもBタイプとOタイプがありますが、Bタイプは柔らかめ、Oタイプは抗菌剤が入っており固い為2~3日で交換と丈夫なのですが、値段が高いです。

従って私はKタイプを愛用、もうかれこれ6年以上愛用しています。

アシートは使い捨てですので、使い捨てのインソールと言ってもいいかもしれません。

アシートにも種類はありますが、全て使い捨てタイプです(2~3日用もあります)。

このアシートがどう優れているのかをお伝えする前に、まず足のにおい対策で挙げられる方法についてのデメリットを記載します。

もちろん全く使えないわけではありませんので、使うとしたらこの方法!と言うのも記載します。

 

スポンサーリンク

 

 

アシート以外の消臭方法

消臭スプレー

f:id:BINGO616:20200209141627j:plain

【デメリット】

残念ながら肝心のにおいはほとんど消えません、効果があるのはスプレーした瞬間ぐらいではないでしょうか。

それにスプレーを靴に吹きかけますと、靴の劣化にもつながります。

また今日は急に座敷での飲み会が入ったとなった場合に靴に吹きかけたらどうなるでしょうか。

靴が水分を含み、余計に臭くなってしまう可能性もあります。

【スプレーを使うとしたら】

・帰宅時に軽く靴にスプレーし、2~3日放置して清潔を保つ。

・座敷での飲み会時、トイレ等にて足に直接スプレーする。

 

インソール

f:id:BINGO616:20200209144542j:plain

 【デメリット】

本日お勧めしているアシートもインソールですので、インソール自体には効果があるのですが、使い捨てではないインソールの場合、履けば履くほど効果が薄れていきます。最後には匂いが靴と同化してしまい、もはや入れている意味すらなくなります。インソールの価格は数百円から1000円を超えてくるものまで価格は様々です。そして人によっては1週間程度で変えた方が良い方もいれば、1カ月でまだまだ問題無いかともいます。しかし、重要なのは日に日に効果が薄れていくということです。日に日にインソールが臭くなり、足も臭くなっていきます。交換時期も判断しづらく、インソールが臭くなるということは靴も臭くなっています。高価なインソールは確かに効果がありますが、日に日に薄れていき、最後は肝心の靴を臭くさせてしまう可能性があるのです。クッション性のあるインソールなどは使用したい場合はその上にアシートを敷きましょう。

【インソールを使うとしたら】

・ほとんどありません(主ににおい対策でクッション性とは別で考えた場合)

 

足用の消臭クリーム

f:id:BINGO616:20200209145900j:plain

【デメリット】

デメリットと書いていますが、この足用の消臭クリームはにおい対策としては大きな効果があります。単純ににおいだけを考えれば、アシートよりも直接的な効果があるかもしれません。しかし、言うなれば汗をかいても足が臭くならないということであって、汗をかき、その汗が靴にしみこむ、これは変わりません。靴が運動靴ならまだしも、革靴の場合は靴の中は気持ち悪いままです。また毎朝、足にクリームを塗りこむ作業は何と言っても面倒ですし、塗れば塗るほどクリームの使用量も増え、出費もかさみます。面倒でお金がかかってもにおい対策が出来れば良いという気持ちはわかりますが、それなら尚更まずはアシートです。アシートなら塗る作業も必要ありません。

【足の消臭クリームを使うとしたら】

・アシートとの併用により、におい対策は万全となる

 

薬用せっけん

f:id:BINGO616:20200209151609j:plain

 【デメリット】

足の雑菌を消毒するという意味では効果があります。ただ足用の消臭クリームと同様に汗をかくことに変わりはありません。

【薬用せっけんを使うとしたら】

毎日の入浴時に体を洗うのと併せて薬用せっけんで足を洗う

 

スポンサーリンク

 

 

 

改めて考えるアシートの良さ

上記に4つの消臭対策とそのデメリットを書きましたが、いかがでしたでしょうか。

アシートの良さはHPに「消臭・吸汗・抗菌・刺激」とあります。

私とアシートとの付き合いはかれこれ6年になるのですが、やはり消臭と吸汗はすごく効果があると感じます。

刺激はとってつけたような感じですが、このごつごつっとした感じが私は好きです。

抗菌に関しては、履いているだけではわかりませんから、抗菌の効果の程はわかりませんが、アシートを入れていれば、靴も臭くなりません。

このアシートは何が良いかというと、使い捨てということが大きいです。

毎朝新品のアシートを靴に入れて出かけますから、気分も良いですし、ごつごつもいい感じ、新品ですから当然アシート自体には匂いはありません。

帰宅すると汗を吸ってふにゃふにゃになったアシートを靴から取り出すのですが、大げさではなくこれだけ汗を吸ってくれているのか、ありがとうと伝えたくなります。

そして、アシートは使い捨てで使用しやすい値段設定ですので、財布にも優しいです。

高価なインソールを入れて何日か使うよりは、アシートを毎日変えた方が安くて効果も抜群です。

また上記で挙げた「足用の消臭クリーム」と「薬用せっけん」の2つをアシートと一緒に併用すれば、足のにおいはもう怖いものは無いかと思います。

ただ、におい対策として優先すべきはこの「アシート」、その次に薬用せっけん、足用の消臭クリームだと私は断言したいです。

薬用せっけんや消臭クリームの使用を考える程、悩んでいるのであれば、だったらアシートも絶対使った方が良いというのが私の意見です。

私は現在海外に住んでおり、自由に何でも買えるような状況ではありませんので、一時帰国時にアシートを買って持ってくるという感じです。

足用の消臭クリームや薬用せっけんというのは使用しておりませんが、アシートだけでも十分な効果です。

もちろん長年悩んでいましたので、日本での勤務となった場合はそれらを併用し、念には念を入れますが(今は革靴を履いて仕事をしていないというのも併用していない理由の一つです)。

 

スポンサーリンク

   

まとめ

何より優先するのはアシートですと皆さんにお伝えしたいです。

アシートと足用の消臭クリームと薬用せっけんを併用してにおい対策は万全ですね。

これで足のにおいの悩みから解放されましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。