はっとさせられる言葉たち

名言や言葉の紹介&雑記がベースのブログです。時折、何かの解説(カテゴリー「役立ち情報」)や旅行記などを書いていきます。

勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。

f:id:BINGO616:20200104092841j:plain

勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。

byシラー(ドイツの詩人)

 

他人のことを優先する大切さ、これは誰しも共感することかもしれませんが、いざそのような場面に遭遇したとき実際の行動に移すことの出来る方はどれくらいいるでしょうか。

迷わずに、出来る!と言える方もいるかもしれませんが、極論を言えば自分の命を投げ打ってでも他人を助けることが出来るかと問われ、出来ますと即答できる方はそうそういないのではないでしょうか。

時折、ニュースで刃物を振り回す犯人に向かって体当たりして他人を救助して自分が命を失う、溺れている人を助けに自ら海や川へ飛び込んで自分も溺れて亡くなってしまう、こういったニュースは時折あります。

私はこういった状況に出くわしたことはありませんが、いざその場でその人と同じ行動が出来るかと言われたら、わからないとしか言いようがありません。

わかりません、しなくてはならないことかもしれませんが、出来ると言える自信はありません。

前述のことは極論を言ってしまえば、ですので、自分を優先せずに他人を優先する行為は日々のことでも出てきます。

他人の仕事を優先して自分の仕事を後回しにする、これも自己犠牲かもしれません。

しかし、今日の言葉に限っては、勇敢な人は、自分の命を犠牲にしてでも他人を助けられるかどうか、と言っても過言ではないと思います。

自分の命を犠牲に出来ない人でも、自分の仕事を後回しにして他人の仕事を優先する程度のことは出来るでしょうから。

 

 

 

おはようございます。

今日、インドネシアへ戻ります。

朝早くのフライトで、成田空港で乗り継ぎ、夕方にインドネシアへ到着予定です。

日本を離れるのは寂しいですし、インドネシアへ戻ってしまうとあれもこれも出来ない、あれもこれも食べられない、等々いろいろ考えることはありますが、ここまで来ますと、早くインドネシアの家へ帰りたいという気持ちが強くなってきます。

いくら日本が良くても、家へ帰りたいという気持ちに変わりはなく、私の家は日本ではなくインドネシアにありますので、気持ちは当然そうなっていきます。

今回の一時帰国用に借りているウィークリーマンションを出て、インドネシアの自分の家へ戻るまで15~16時間かかると思うとげんなりしますが、げんなりしてもしょうがないですからね、心を無の境地にして頑張って帰ります(笑)。

明日はインドネシアからブログをアップできるかと思います。

引き続き、宜しくお願いします。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

ブログランキングに登録してます。

応援宜しくお願いします。